不動産売却をお考えですか?高く売るには?

どうすれば不動産を高値で売却できる?まずは自分が買い手の気持ちになって考えてみましょう。どんな不動産だとある程度のお金を出してでも買いたいと思いますか? - 高く売る為に、知っておく必要があること

高く売る為に、知っておく必要があること

不動産を高く売りたいのであれば、知っておかないとかなり損をすることになります。手間は少しかかりますが、簡単なことです。査定です。ここでは、査定についてお伝えいたします。

相手は商売

不動産業者は手数料で運営されています。いかに安く仕入れて高く売るかです。必ず利益を考えて買ったり売ったりします。常識的な価格で取引をしてくれる業者だけではありません。中には高く売れるのに、「この物件は売れない」などといって安くし、買おうとする業者も存在します。又は、その物件に弱い業者、強い業者で価格も大きく変わります。不動産の場合、常識的な価格という範囲が広いので、自分の不動産の相場を知らないと損をしてしまいます。こちらも商売だと思って取り組みましょう。

プロになる必要はない

商売だと思って取り組むとなると、勘違いしてしまいます。なんでも知っておかないといけないし、知らなくても知ってる素振りをしないといけない。などと考えることもあります。しかし、そんな必要はありません。素人で構わないのです。逆に素人の方が得をします。知らないから言えることや出来ることがでてきます。そのための専門家である不動産業者にあとは相談するのです。

やるべきこと

それは、査定をすることです。どこかの一社の一つだけの査定の結果で終わらせるのではなく、いくつか査定をしてみるべきです。安いところがいくらで、高い所がいくらかが分かってきます。そうなると、基準が分かるので比較ができるようになります。騙される心配も損をすることもなくなります。常識的な価格が分かってしまいますので、不動産業者の良い悪いも判断できます。さらに、複数の業者間で査定をしているので、勝手に価格競争をしてくれます。

便利なものがあります。

ネットで一括査定ができます。これを利用して幾らくらいか知ることができます。それから複数の業者に問い合わせです。そして、一番高く査定してくれた所に決りです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
不動産売却情報

アーカイブ